現像加工

RAW撮影して魔法のツールLightroomで現像しよう!【ライトルーム入門】

札幌に移住してきて写真を撮りまくっているtk(@tklandphoto)です。こんにちは。

写真編集ソフトのLightroom(ライトルーム)について解説していきます。

「せっかく撮った写真を加工するのはちょっとヤダ」

という方もいるかもしれませんが…生肉は料理して食べますよね?

それと一緒です。

その時感じた気持ち、感情をもっと写真で表現するには、機械の自動補正に任せてられません。

というわけで、今回は

「RAWってなに?」

「Lightroomってなに?」

というところをわかりやすく解説していきます。

ライトルーム入門記事

下記の記事に、ライトルーム入門記事をまとめてあります。

ぜひ合わせてご覧ください。

RAWってなに?

まずはRAWファイルの説明です。

デジカメで撮影したときに保存されるファイルの形式、どうしてますか?

JPEGでも良いのですが、せっかくならRAWで保存した方が、写真がもっと楽しくなります。

下記の写真を見てみて下さい。

バーを左右に動かすと、補正前と補正後を確認できます。

左が補正前、右が補正後です。

RAWで保存すると、補正でこんなに雰囲気を変えられます。

JPEGで保存しても多少はいじれるのですが…

いじればいじるだけ画質が劣化していきます。

RAWファイルだと、画質をほぼ劣化させずに編集できるということが一番のメリットです。

RAWは生肉である。

RAWで保存すると、綺麗な画質のまま画像編集できるという事がわかりました。

「って言われてもどういう事?」

って思いますよね。

RAWで保存するのと、JPEGで保存するのとでは一体何が違うのか、もう少し説明します。

ここはに例えましょう。

RAW = 生肉
JPEG = 塩コショウして焼いたステーキ

こんな感じです。

生肉には無限の可能性があります。

焼いても良い、煮ても良い。

カレーに入れても良いし、肉じゃがに入れても良い。

対して塩コショウして焼いた肉は、普通に美味いです。

いらない脂身はそぎ落として、好みによって焼き加減を変えて仕上がっている食べ物です。

工夫できるとすれば好みによってソースをかけるくらい。

かけなくても食べられます。

ここからはあまりオリジナリティは出せないですよね。

というわけで、すでに調理されたものがJPEG。これから調理できるものがRAWといったイメージです。

せっかく自分の好きなように肉を食べられるのに、ステーキにしかできないよりもいろいろな料理が作れたほうが良いですよね。

RAWは、いろいろな調理が可能な保存形式なんです。

JPEGファイルで保存するという事は、カメラにお任せで料理してもらっているようなもの。

カメラがいらないと思った部分は切り捨てて、いると思ったところだけ残して、コンパクトな完成品に仕上げてくれています。

その分ファイルサイズは小さくなります。

対してRAWは、なんにも調整せずに全部保存します。

自分で1から調理しないといけませんが、細かい所まで好きなように全て調整することができます。

また、一見いらなさそうな部分もぜーんぶ保存しますので、1枚1枚のファイルサイズは大きいです。

つまり、カメラで撮影してJPEGで保存する際は、じつはカメラが内部で勝手に編集して保存してくれてるんです。

知ってました?

JPEG=カメラが勝手に加工した写真データ
RAW=撮ったそのままのデータ

生肉の調理方法を考える

さて、RAWの方がJPEGよりもいろいろな調理ができてサイズが大きいという事はわかりました。

「じゃあどうやって料理すれば良いんだよ?」ってなりますよね。

料理を作るのであれば、キッチンにコンロがあり、まな板があり、包丁があり、ミキサーがあり、いろんなツールを使います。

写真も同じです。

調理をするためのいろいろなツールがあります。

そのツールの代表格。私はもちろん非常~~に多くの写真愛好家が使っているのがLightroom(ライトルーム)なんですね。

Lightroom(ライトルーム)ってなに?

おそらくこのページをご覧頂いている方は、Lightroomについて知りたい方や、RAWが結局なんなのかわからないって方が多いと思います。

Lightroomは、Adobe社がリリースしている写真現像ソフトなのですが、もう少し掘り下げていきます。

LightroomとPhotoshop(フォトショップ)は何が違うの?

「画像の加工にはPhotoshopというソフトが使われているのはよく耳にするけど、Lightroomはあんまり聞きなじみがない。」

そんな方もいらっしゃると思いますが、それもそのはず。

Photoshopが肉も魚も野菜もなんでも調理できる万能ツールだとすると、Lightroomは肉を大量に調理できる専用調理器具なので少しマイナーなんですね。

とはいえPhotoshopでも写真の修正はできます。明るさを変えたり、彩度を上げたり、切り抜いたり、重ねたり。

でも、大量の写真を並べて現像するのには向いていないんです。

写真を撮影したときは100枚とか200枚とかをばらばらっと並べて現像していきたいのですが、フォトショップだと1枚1枚読み込む必要があります。

対してライトルームだと、フォルダごと読み込んでアルバムのようにして管理する事が出来ます。

Lightroomで肉を調理(現像)した後に、Photoshopで切り分けたり野菜を添えたり小鉢を追加したり、最後にソースをかけたり(加工)するのが、それぞれの得意なところを活かした使い方をするというワケです。

Photoshop = 1枚ずつの細かい加工が得意
Lightroom = 写真をアルバムのように管理して加工できる

Lightroomでの現像でなにができるのか

Lightroomは肉の調理に特化しているだけあって、「写真」を劇的に美しく補正して現像できます。

例えばこの写真。

朝焼けを撮影した写真です。

空はなんかすごい幻想的ですが、下の方が黒くつぶれてしまっていますよね。

例えばこの写真のRAWファイルをいじってみます。

JPEGではできない補正例をお見せします。

いろんなツマミがありますね。

それぞれの役割もまた説明できればと思いますが、まずはこういった黒つぶれ写真が1ツマミで劇的に変わる項目、「シャドウ」をいじってみます。

そう、RAWファイルは、真っ黒でつぶれていると思っていたところも、実はデータとしては保存されているのです。

これをJPEGで保存していると、黒い部分は黒い部分として保存されるので、いくらシャドウをあげても真っ黒なままになります。

私のように太陽の方向も考えず適当に写真を撮っている人間からすると、それはもう素晴らしい事です。

あえて逆光で撮ると感動的な写真を撮影しやすいのですが、それもこの機能があってこそ。

どれだけ良い夕日でも、真っ黒につぶれてしまっていてはせっかくの景色がだいなしです。

(あえて真っ黒にして表現する事もあるかもですが、それはまた別のお話)

RAWで保存する事には、他にもたくさんのメリットがあります。

  • ホワイトバランスを補正しても劣化しない
  • 明るさ(露光量)を上げても劣化が少ない

などなど。

でも初心者にとって一番わかりやすいのが、

「シャドウを上げれば黒つぶれ写真を救える事」

さて、それでは補正した写真と補正前の写真を比べてみましょう。

下記の写真を、バーを左右に動かしてご覧ください。

かなり雰囲気が変わりましたよね。

今回はダイナミックに仕上げてみました。

朝焼けならもっとふんわりさせても綺麗だと思いますが、ダイナミックな方が変化がわかりやすいですし、好みです。

自分の好みによって、本当に好きに修正できます。

現像って、出かけるときに女性がお化粧する、くらいの感覚だと思っています。

写真より楽しくする、そんな一手間ですね。

ライトルームの値段は?

なんと月額980円+税で使えます。(※2020年1月現在)

Adobeクリエイティブクラウドというサービスのフォトプランを選んで下さい。

しかもこのプラン、Photoshopもついていて、

Lightroom
Lightroom Classic
Photoshop

この3つが使えます。

Lightroomがクラウド版(オンラインに保存できる)で、Lightroom Classicがオフライン版です。

私は基本的にClassicの方を使用しています。

パッケージ版だとLightroomが1万3千円くらい、Photoshopが3万円くらいします。

つまり4万3千円で買い切りのものが、月額980円で常に最新版を使えます。

どちらが良いかは好みによるのですが…メリットを感じているのは常に最新版を使用できること。

adobe公式からお申込み下さい。

https://www.adobe.com/jp/creativecloud.html

まとめ

このような感じで、自分で撮った料理を自分でいろいろ調理して楽しめるのが、

「RAW形式での保存」

「Lightroomでの現像」

です。

一眼カメラを買ったけど自分で補正とかはしたことないなーという方は、是非RAW保存+写真編集にもチャレンジしてみて下さい!

    ABOUT ME
    tk
    tk
    北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 現在は企業のwebライターとして勤務。人事部や小売のエリアマネージャーとして働いた経験もあり、採用や労務にはちょっと詳しいです。当メディアの情報が、仕事や人生に疲れた方のちょっとした手助けになればと思っています。