レビュー記事

【望遠入門】TAMRON SP70-300mm 遠くの景色が、あなたの手に。

「安くてまともな望遠レンズがほしい」そんな中で出会ったのがTAMRON a005。70-300mm F/4-5.6という性能で実勢価格3万円台という激安なレンズです。

早速ですが、このツイートの写真はTamron a005で撮った写真です。

トリミングしてるのもありますが、結構綺麗に撮れてますよね。使い始めてすでに1年以上は経っていて、作例も溜まってきましたのでレビューします。

結論、はじめてフルサイズ対応の望遠レンズを買うなら迷わずこれを選んでOK

と言えるようなレンズでした。

このページを見ればわかる事
レンズの性能
使い心地
作例

TAMRON A005とは

まずはカタログスペックです。

メーカー
TAMRON
モデル名
A005
焦点距離
70-300mm
明るさ
F/4 – 5.6
最小絞り
F/32 – 45
レンズ構成
12群17枚
最短撮影距離
1.5m
質量
765g 
絞り羽根
9枚
対応マウント
ニコン用/ キヤノン用/ ソニー用

実際のレンズの写真

ゴロンとしたレンズ。プラスチック系の質感なので高級感はないです。

だがそれが使いやすい。

D750に装着してレンズフードを付けると、このような見た目。

TAMRON 70-300mm

バズーカっぽさはないので、威圧感もそこまでありません。

伸ばしてamazonのfire TV stickと長さを比べます。

全体的に色乗りがコッテリした感じです。

ここで、 参考までに、標準ズームのAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRで撮った似たようなシチュエーションのものと比較。

TAMRON A005 70mm-300mm

NIKON NIKKOR 24-120mm

TAMRONのボケ味は少々おおざっぱ感が否めない
(#スキルの問題か?)

次は朝日。色の乗り方はどうでしょうか。両方とも撮って出し。

TAMRON A005 70mm-300mm

NIKON NIKKOR 24-120mm

TAMRONの方がコッテリ感ありますね。

まとめ

TAMRON AP70-300mm A005の使い勝手や作例をご紹介しました。

とにかく300mmの望遠で実勢価格3万円台はフルサイズ対応レンズでは格安です。

これでこの撮り味や取り回しのしやすさは、買って良かったなと心から思います。

フルサイズ機を購入する際に一緒に買うレンズとして最高にオススメなレンズのご紹介でした。

なんとなく大きさのイメージ沸きますか?(fire TV stickは長さ15cmくらいです)

実際の使い勝手

おそらくこちらのレンズを検討する方が気になるところが、

・手ブレ防止機能がどうなのか
・オートフォーカスがどうなのか
・重さや質感などはどうなのか

このあたりかなと思いましたので、ご紹介します。

手ブレ防止について

ピタ!っと止まります。

tk
tk

えっこんな止まり方するの?っていうくらいピタっと止まります。

D750
D750

機構の事はわからないけど、とりあえずすごい。

焦点距離が300mmとなると結構遠くのものを写せるのですが…

焦点距離が大きくなるほど手ブレ対策が命題になってくるんですね。

そんな中、Tamron a005はレンズに手ブレ補正の機構がバッチリ付いていますので、普段の撮影に三脚なんていりません。

室内の暗い中でも、ある程度ISO感度を上げればレッサーパンダも撮影できます。

オートフォーカス

正直あまり早くはないです。
例えば、森の中で小鳥を見つけてサっと合わすのはなかなか間に合わないです。

その場で3秒くらい止まってもらわないと困ります。(#実力のせいか?)

しかしながら、ゆっくり歩く動物に合わせるくらいなら簡単です。

具体的には動物園のレッサーパンダさんくらいなら、余裕で綺麗に撮れます。

重さ、取り回しのしやすさ

勿論標準ズームに比べると長いレンズですが…

それほど扱いづらいなんてことは感じません。

他のレンズと重さを比較してみます。

・Tamron 70mm-300mm(このレンズ)
765g
・NIKKOR 24mm-120mm F4
710g
・Samyang 14mm F2.8
505g

さすがに単焦点レンズには負けますが、標準ズームとはそれほど重さは変わりません。

大きさ的にもバズーカほどではないので、動物園で撮影しても周りへの威圧感はそれほど与えないと思います。

Tamron 70-300mm A05の作例

それでは作例をご紹介します。

まずは円山公園のエゾリス。最望遠側の300mmで撮影。

もみ手をしているリスです。かわいい。

つぎは羊ヶ丘展望台のひつじ。

朝焼けも撮ってみます。

全体的に色乗りがコッテリした感じです。

ここで、 参考までに、標準ズームのAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRで撮った似たようなシチュエーションのものと比較。

TAMRON A005 70mm-300mm

NIKON NIKKOR 24-120mm

TAMRONのボケ味は少々おおざっぱ感が否めない
(#スキルの問題か?)

次は朝日。色の乗り方はどうでしょうか。両方とも撮って出し。

TAMRON A005 70mm-300mm

NIKON NIKKOR 24-120mm

TAMRONの方がコッテリ感ありますね。

まとめ

TAMRON AP70-300mm A005の使い勝手や作例をご紹介しました。

とにかく300mmの望遠で実勢価格3万円台はフルサイズ対応レンズでは格安です。

これでこの撮り味や取り回しのしやすさは、買って良かったなと心から思います。

フルサイズ機を購入する際に一緒に買うレンズとして最高にオススメなレンズのご紹介でした。

ABOUT ME
tk
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 現在は企業のwebライターとして勤務。人事部や小売のエリアマネージャーとして働いた経験もあり、採用や労務にはちょっと詳しいです。当メディアの情報が、仕事や人生に疲れた方のちょっとした手助けになればと思っています。