札幌の風景

札幌の展望スポット!4月のモエレ沼公園で春を感じる3つのオススメポイント。

冬の終わりかけにモエレ沼公園にいった際の風景写真をメインにご紹介します。
冬から春への移り変わりが感じられて、とても良かったです!

モエレ沼公園とは

彫刻家のイサム・ノグチさんが設計した札幌の公園。
もともとはごみ処理場だったところを公園にしています。

夏には噴水が良い感じになってたり、花火大会がなかなか大規模だったりしますが、冬は正直見どころがあまりないかも・・・ということで興味本位で見てきました。

モエレ沼公園への行き方

モエレ沼公園は札幌の東区の方にあります。
公共交通機関でもかなり行きやすい場所です。

札幌→環状通東駅 (地下鉄東豊線 10分少々)
環状通東バスターミナル→モエレ沼公園東口 (バスで25分ほど)

モエレ沼公園の見どころをご紹介!

  1. 道中の地面から春を感じる
  2. ガラスのピラミッドからの春を感じる
  3. もうひとつのピラミッドからも春を感じる

という雑なメニューで春先のモエレ沼公園の景色を紹介していきましょう。

1. 道中の地面から春を感じる

フキノトウが出てきています。
こういうのすごくいいですよね!すごく春を感じるポイントです。
春先はぜひ地面に目をむけて頂きたい。

道路も雪は完全にとけて、道端に少し雪が残る程度でした。

2.ガラスのピラミッドからも春を感じる

さてモエレ沼公園といえばこれです。ガラスのピラミッド。
少し雪が残っていますが、天気もよくて最高ですね。

中はこんな感じ。これが1Fですが、なかなか広い空間で開放感があります。
設置してあるベンチで軽食ぐらいなら頂けます。

上の階にはこのような広場も。
コンサートとかあったら良い感じな気がします。

空とアートの融合みたいな感じでとても良い建物。

ここに見えているエレベータの最上階は展望台になってます。

ガラスのピラミッドからの展望

このような景色。雲が多かったですね。

今回で望遠レンズを使ったのはこの1枚だけ。
水めっちゃ汚いですよね。雪がとけて土と一緒にダーっと流れてきてるからですね。この時期の川は一時的に土色になってしまいます。

3. もうひとつのピラミッドからも春を感じる

さて、モエレ沼公園にはガラスだけでなく土のピラミッドもあります。
階段でずーっとのぼれる小高い丘というか山なのですが、ここからの展望もなかなかのオススメポイントです。

ちらっと人が映っていて比較になるかと思いますが、ピラミッドとてもでっかいです。

ピラミッドからの展望はこちら。

札幌の街並みが遠くに一望できます。雪が少しだけ残って、春に移り変わろうとしている様子がよくわかります。

いろいろな方角を。

こちらの方向は雪が残ってますね。

日当たりによって違ったりするのでしょうか。

まとめ

やっぱり広角レンズで空を撮るのは気持ち良い!

まだ春先でしたので、噴水などは動いていませんでした。
秋のオススメポイントはひろーい景色です。

夏のモエレ沼も楽しめるポイントが多いと思いますが、この時期は冬から春への移り変わりを感じられて良かったです。
時間のある方は是非一度この時期のモエレ沼も見てみて下さい。

では!

ABOUT ME
tk
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 現在は企業のwebライターとして勤務。人事部や小売のエリアマネージャーとして働いた経験もあり、採用や労務にはちょっと詳しいです。当メディアの情報が、仕事が辛い方への手助けになればと思っています。