さっぽろ羊が丘展望台で体験してほしい3つの事-春夏の北海道オススメスポット!

札幌の風景

さっぽろ羊が丘展望台は、春夏の札幌観光のオススメスポットです。「少年よ大志を抱け」で有名なクラーク博士の像のある展望台。その名の通り羊もいて、札幌の街を展望できて、グルメも楽しめるスポットです。

tk
tk

ボーイズビーアンビシャス!

D750
D750

急にどうした

さっぽろ羊が丘展望台とは

羊が丘展望台は、札幌の中心部からほど近い場所で”北海道らしさ”を感じるのにとてもおすすめなスポットです。クラーク博士の像と記念撮影も可能。北海道大学や時計台にもクラーク博士の像があるのですが、一番有名な像は羊ヶ丘展望台のものではないでしょうか。
施設情報
名称:さっぽろ羊ヶ丘展望台
住所:北海道札幌市豊平区羊ケ丘1番地
営業時間
5~6月、9月:8:30~18:00
7~8月:8:30~19:00
10月~4月:9:00~17:00
入場料金
大人:530円
子ども:300円

さっぽろ羊が丘展望台への行き方

アクセス
さっぽろ→福住 (地下鉄東豊線乗車15分程度)
福住→羊が丘展望台 (北海道中央バス-羊が丘線乗車10分程度)

電車とバスで札幌から30分程度。車であれば20分程度。
「よし、歩くか」と思ったときは、福住駅から歩けなくもない距離です。

ちなみに、福住駅の近くには北海道の回転寿司チェーンの「なごやか亭」への寄り道もオススメ。

福住駅から徒歩10分少々の場所にあるのは、北海道でとても人気な回転寿司屋さん「なごやか停」太鼓を鳴らしながらいくらを流し込んでくれる「こぼれいくら」が有名です。ご興味あれば是非。

羊ヶ丘展望台の入り口のゲートは基本的に車用の作りになっています。高速道路の料金所のようになっていますが、徒歩でも入れますのでご安心下さい。

tk
tk

一度駅から歩いたことがあります。

D750
D750

坂道けっこうきつかったね。

さっぽろ羊が丘展望台で体験してほしい3つの事。

メインのタイトルにもありますが、さっぽろ羊ヶ丘展望台で体験してほしいことが3つあります。

クラーク像

やはりまずはクラーク像です。

このクラーク像の前ではカメラマンの方が常駐していて、なぞの被り物をしてポーズを決めて写真を撮ってもらえるという浮かれたサービスを受けられます!

私が一度撮ってもらったときは、自前のスマホ渡せばそれでも撮ってくれました。

プロに撮ってもらった写真も購入できますので、思い出に一枚。

北海道開拓のパイオニア、クラーク博士の像からも北海道を感じて頂きたいと思います。

さらに羊が丘展望台の名前の通り、羊もいます。

羊と町並みのコラボはなかなかレアではないでしょうか。

これは望遠で撮っていますが、実際はこんな感じ。

とにかく広い。

時期によっては毛刈りが見れたり小屋で休んでたりと、いろいろな羊さんを見れるようです。

羊と北海道の広さを体験してみて下さい。

スイーツ

最後のひとつはスイーツですね!

フードコートのような施設があって食事ができるのですが、オススメはこれ!

やはり北海道といえばこれでしょう。

らいでんメロン半玉にソフトクリームを乗せた贅沢な食べ物。富良野の有名スイーツ「サンタのヒゲ」のようなものがここでも頂けます。これは良いものだ。

※サンタのヒゲとは明記されていなかったように記憶していますので、「ようなもの」とさせて頂きました

例えば冒頭にも書いた、なごやか亭に寄り道するルート。寿司を食べてから30分ほど歩いて展望台に辿り着き、羊や景色を愛でたあとにサンタのヒゲのようなものを頂く。

考えただけで最高の気分になりますね。

さて、他にもチャペルがあったり資料館があったり、その時期その時期でイベントが開催されています。

ジンギスカンを食べられるレストランもありますし、満喫できますね!

ぜひ行って北海道を感じてみて下さい!

北海道旅行で札幌中心に周る場合、”北海道らしさ”はここが一番!

ではまた。

コメント