冬の北海道神宮の素敵な風景。参拝客数が北海道1の絶景神社です。

冬の北海道神宮徹底解説 札幌の風景

Twitterで毎朝北海道の写真をアップしているtk(@tklandphoto)です。こんにちは。

札幌市内の神社といえば北海道神宮。

原始林をもつ円山公園と併設されていて、自然の散策と同時に参拝できる素敵な神社です。

北海道の神社の中で参拝客数はNo1!

そんな北海道神宮の様子をご紹介します。

このページを見てわかる事
・北海道神宮の様子
・休憩スポット
・お守り、おみくじなど
tk
tk

札幌に住んでる人は初詣はほぼ全員ここに行くのかな?

D750
D750

札幌って大きい神社は少ないからね。

北海道神宮ってどんなところ?

北海道神宮の境内の様子

冒頭にも書きましたが、札幌の円山公園の敷地内にある、北海道の神社の中では参拝客がナンバー1の神社。

神社の敷地自体もとても広くて、境内社が3つもあります。

どの季節でも景観は綺麗なのですが…個人的には冬がオススメ。

雪+神社の組み合わせの景色は素晴らしいものがあります

北海道神宮の歴史

北海道神宮の境内の様子

明治2年、北海道の開拓・発展の守護神を祀るために東京で鎮斎された3柱の神様を、東京、函館、札幌と移し、明治3年には仮社殿が建てられました。

明治4年に現在の場所に建造され、「札幌神社」と社名が決められましたが、その後昭和39年に明治天皇をお祀りする事が決まり、「北海道神宮」と改められました。

北海道神宮の神門の開閉時間

北海道神宮の境内の様子

  期 間 開 門 閉 門
正月期間の特別時間帯 元  旦 0:00 19:00
 1月 2日~ 1月 3日 6:00 18:00
 1月 4日~ 1月 7日 6:00 16:00
 1月 8日~ 1月31日 7:00 16:00
通 年  2月1日~ 2月末日 7:00 16:00
 3月1日~ 3月31日 7:00 17:00
 4月1日~10月31日 6:00 17:00
11月1日~12月31日 7:00 16:00

北海道神宮の御祭神

大国魂神 (おおくにたまのかみ) 北海道の国土の神様
大那牟遅神(おおなむちのかみ)  国土経営・開拓の神様
少彦名神 (すくなひこなのかみ) 国土経営・医薬・酒造の神様
明治天皇 (めいじてんのう)   近代日本の礎を築かれた天皇

北海道神宮の御利益、御祈願

北海道神宮の境内の様子

個人祈願

■家内安全 ■交通安全 ■厄除開運 ■心願成就 ■合格祈願 ■方災除 
■病気平癒 ■心身健全 ■旅行安全 ■神棚清祓 ■神恩感謝 ■健康祈願
■良縁祈願 ■厄祓・年祝 ■安産祈願 ■子宝成就

様々な御祈願を受けられます。詳しくはお問合せ下さい。

北海道神宮へのアクセス

スポット名
北海道神宮
住所
北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
ウェブ
http://www.hokkaidojingu.or.jp/
アクセス
地下鉄東西線円山公園駅 徒歩5分

円山公園と北海道神宮の風景

まずは円山公園の入り口付近から。

冬の風景はこのような雰囲気で、左手の建物は素敵なフレンチのレストラン。

ウェディングプランもあるそうです。円山公園の前の風景

中に入ると時計と温度計。この日は-10度です。さむい。

円山公園の時計

巨大な木が沢山あります。上から雪がドサっと落ちてきたりしますので、気を付けて下さい。

雪が落ちてきた図はこちら。

木から雪がおちてきた。

こんな風景の中に、北海道神宮はあります。

円山公園の冬の風景

朝の散歩にもピッタリ。

tk
tk

駅徒歩すぐでこれってすごくないですか?

D750
D750

札幌の中心地からも近いしね。

しばらく歩くと鳥居が見えてきます。木もでっかいし鳥居もでっかいし、全体的にスケールがでかいです。

北海道神宮・円山公園の冬の景色

雪の中の神社、良いです。

冬の北海道神宮

人々と比べるとどうでしょうか。鳥居の大きさが伝わりますでしょうか。
この入り口の鳥居から少し歩くと、順番に境内社が並んでいます。

北海道神宮の境内社

開拓神社

冬の北海道神宮の開拓神社

冬の北海道神宮の開拓神社
北海道開拓に尽力した方々を弔うための神社です。

ここでもおみくじが引けます。

北海道神宮の開拓神社 北海道神宮の開拓神社

穂多木神社

北海道神宮の穂多木神社

北海道拓殖銀行の物故功労者の御霊が奉斎されている神社です。もともとは拓殖銀行の屋上にあったものが、昭和25年にこちらへ。

札幌鉱霊神社

北海道神宮の札幌鉱霊神社

鉱山殉職者を慰霊する神社。札幌鉱山監督局の前庭にあったものが、昭和二十四年に北海道神宮の境内に遷座されました。

北海道神宮 本殿

北海道神宮の境内の様子

それでは本殿の様子をご紹介していきます。

冬は柄杓も凍ってしまいます

北海道神宮の境内の様子

 門がとても立派。

北海道神宮の境内の様子

境内は非常に広く、雰囲気が良いです。

北海道神宮の境内の様子

北海道神宮の境内の様子 北海道神宮の境内の様子

お守りなども沢山。

北海道神宮の境内の様子

インバウンド向けにキティちゃんのお守りとかもあります。

北海道神宮の境内の様子

もちろんおみくじも。

北海道神宮の境内の様子

北海道神宮のおみくじ 北海道神宮のおみくじ

お正月は本当に混み合います。

とある統計では、3が日で80万人以上が参拝するそう。

北海道の札幌旅行の際は、ぜひ観光ルートに円山公園や北海道神宮も入れてみてください。

北海道神宮内の休憩スポット

神宮の敷地の中には、小さなカフェが2件入っています。両方とも本殿の近くです。

神宮茶屋

北海道神宮のカフェ

とてもリーズナブルにお茶やソフトクリームを楽しめます。

北海道神宮のカフェ

カフェメニューの他にも、北海道の銘菓がたくさん並んでいます。

ちょっとしたお土産にも良いかもしれませんね。

六花亭

北海道神宮の六花亭

北海道神宮には、みんな大好き六花亭もあります。

席は少ないですが、中でも頂けます。(8人くらいで限界。テーブル4つ)

北海道神宮の六花亭

お菓子を買うと、暖かいほうじ茶もセルフサービスで頂けます。

北海道神宮の六花亭

この「判官さま」というお菓子は、この北海道神宮でしか食べられないオリジナルメニューです。

北海道神宮の六花亭

判官さま 110円

パッケージングされていないので持ち帰りはできず、この場でしか食べることのできないレアなお菓子です。

中はアンコとお餅。上品な甘さでとても美味しいです。

冬の寒い中でほっと一息。最高です。

北海道神宮の六花亭

北海道神宮にいくべき理由

北海道神宮の様子

  • 駅からのアクセス抜群
  • 自然を感じられる
  • スケールが大きい
  • 六花亭がある

以上の理由から、北海道神宮は初詣や観光にとてもオススメ。

本格的に観光に行く前の、朝の散歩にも最高のスポットです。

ちなみに、可愛い鳥とたわむれることもできます。

円山公園の遊歩道あたりでじっとしていると、かなり近い距離まできてくれます。

早朝にいけばほぼ確実に会えます。

北海道の札幌旅行の際は、ぜひ観光ルートに円山公園や北海道神宮も入れてみてください。

tk
tk

リスにも会えるし、何回来ても飽きないですね

D750
D750

北海道は最高です。ではまたー。

コメント