北海道情報

北海道神宮の御朱印情報や見どころ!春と冬の40枚の写真でご紹介。

北海道神宮の御朱印情報や見どころ!春と冬の40枚の写真でご紹介。

「北海道神宮の御朱印って、何種類ある?」「おみくじは?」「見どころを教えて欲しい」「頓宮ってどこにあるの?」

こんな疑問にお答えします。

北海道神宮は、北海道で最大規模の神社。年始の参拝客数も北海道No1のパワースポットです。

四季折々の景観が楽しめるのですが、特におすすめなのが春と冬。とても綺麗な景色を楽しめます。

そんな北海道神宮について、春と冬に撮影した写真を40枚使いつつ、アクセスや見どころ、敷地内の境内社、御朱印やお守り、頓宮まで網羅してご紹介します。

この記事を読めば、あなたも北海道神宮マスターです。

北海道神宮とは

北海道神宮とは

札幌市内の神社といえば北海道神宮。原始林をもつ円山公園と併設されていて、自然の散策と同時に参拝できる素敵な神社です。北海道の神社の中で参拝客数はNo1!

神社の敷地自体もとても広くて、境内社が3つもあります。

敷地内はどの季節でも景観は綺麗です。雪+神社の組み合わせの景色は素晴らしいですし、春は桜や梅が綺麗に咲きます。

観光で近くに滞在する場合は、ぜひ訪れたいスポットです。

北海道神宮の歴史

北海道神宮の歴史

明治2年、北海道の開拓・発展の守護神を祀るために東京で鎮斎された3柱の神様を、東京、函館、札幌と移し、明治3年には仮社殿が建てられました。

明治4年に現在の場所に建造され、「札幌神社」と社名が決められましたが、その後昭和39年に明治天皇をお祀りする事が決まり、「北海道神宮」と改められました。

北海道神宮の御祭神

北海道神宮の御祭神

北海道神宮の御祭神は、4柱。

大国魂神 (おおくにたまのかみ) 北海道の国土の神様
大那牟遅神(おおなむちのかみ)  国土経営・開拓の神様
少彦名神 (すくなひこなのかみ) 国土経営・医薬・酒造の神様
明治天皇 (めいじてんのう)   近代日本の礎を築かれた天皇

冬と春の北海道神宮の見どころ

冬と春の北海道神宮の見どころ

北海道神宮では、四季折々の景色や植物、動物が楽しめますが、特に春と冬は素敵です。

冬には、これでもかというほどに積もった雪景色を見られます。

北海道神宮の冬の景色

また、春には桜や梅も。

北海道神宮は桜並木が有名ですが、実は梅の名所でもあります。梅林がキレイ。

北海道神宮の梅林碑

こんな感じで春と冬がおすすめですが、それ以外も本当にいつ訪れても綺麗なパワースポットです。

北海道神宮へのアクセスと4つの鳥居

札幌から電車で10分程度。「円山公園」の敷地内にあります。

公園内には散策路も整備されており、併設されている動物園も楽しめるスポットです。

公共交通機関の場合

地下鉄東西線円山公園駅下車 徒歩10分程度

スポット名北海道神宮
住所北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
神門の開閉時間4月~10月:6:00-17:00
11月~2月:7:00-16:00
3月:7:00-17:00
元旦:0:00-19:00
お問合せ011-611-7810

北海道神宮の4つの鳥居について

北海道神宮の4つの鳥居について

北海道神宮には鳥居が4つあります。

  • 公園口鳥居
  • 第二鳥居
  • 第三鳥居
  • 令和の鳥居

くぐる鳥居によってご利益が違うと言われていますが、信憑性のある根拠はとくに無いようです。神社の方に軽く聞いてみましたが、特にそのような云われもないとの事。とりあえず、鳥居は4つあるというお話です。

というか、叶えてもらいたい欲でくぐる鳥居を選ぶなんて、ちょっと勿体ないですよね。

願いは自分で叶えるもの。お参りは、決意表明。

そんな感じの方が良いのかなと思います。

公園口鳥居

公園口鳥居

駅から円山公園の中を歩いていくと、この鳥居に辿り着きます。

ここから入ると、すぐそこには開拓神社などの境内社の通りがあります。北海道神宮の全体を見て周りつつ、順番にお参りしたい方はこちらから。

第二鳥居

第二鳥居

北海道神宮の表参道に続くメインの鳥居はこちら。

一番人通りも多い場所です。

5月には表参道の桜並木が華やかに。

北海道神宮の春の表参道

冬はがらっと雰囲気が変わります。

北海道神宮の冬の表参道

四季折々の風景を楽しめます。

第三鳥居

第三鳥居

駐車場から続く鳥居。

円山公園の散策路を抜けたり、円山動物園の方向から歩いてくると、こちらの鳥居に辿り着きます。

実は鳥居+桜が一番キレイなのはココ。鳥居の横に植えられた梅と桜が綺麗です。写真を撮ってる方も多いスポット。

あと、ここから入ると少しだけ雑木林のようなエリアになっており、たまにエゾリスも出没します。

北海道神宮のエゾリス

春先はリスが家を作ったりしています。

令和の鳥居

令和の鳥居

令和元年の8月にできたばかりの、その名も「令和の鳥居」。

駅からは少しぐるっと回った場所です。

神宮内の六花亭のすぐ横にあります。

北海道神宮の六花亭

ここもオススメ。のちほど詳しくご紹介します。

北海道神宮の御朱印と御朱印帳

御朱印帳は2種類。ノーマルバージョンと冬バージョンがあります。雪バージョンが人気。

また、北海道神宮に関係する御朱印は全部で3種類。

  • 北海道神宮
  • 開拓神社
  • 北海道神宮頓宮

北海道神宮では、上記のうち「北海道神宮」と「開拓神社」のものを頂けます。

頂く場所はどちらも北海道神宮の祈祷受付。1回500円です。

(開拓神社前にも社務所があるのですが、こちらではありません。北海道神宮の祈祷受付です。)

北海道神宮の頓宮の御朱印は、頓宮の社務所で頂けます。1回300円です。

北海道神宮頓宮の御朱印

こまいぬのスタンプが素敵です。

北海道神宮のお守りやおみくじ

北海道神宮のお守りやおみくじ

北海道神宮のお守りは、海外旅行客向けのものもあり、多種多様。

↓一覧はクリックで開いてご覧下さい。

北海道神宮のお守りの種類
北海道神宮のお守りの種類
北海道神宮のお守り一覧価格
交通安全錦守¥ 800
交通安全木札守¥ 800
交通安全矢守(赤・青)¥ 800
金幣型キーホルダー守¥ 800
肌守(赤・青)¥ 500
こども守(ピンク・水色)¥ 500
カード型肌守¥ 500
学業守¥ 500
合格守¥ 500
安産守¥ 1,000
健康守¥ 1,000
病気平癒守¥ 1,000
身代り守(赤・青)¥ 800
必勝守(赤・青)¥ 800
結び守(白・黒)¥ 800
交通安全御幣守(赤・青)¥ 1,000
キーホルダー錦守¥ 800
交通肌守¥ 800
心身健全守(金・銀)¥ 800
金小槌守(金運)¥ 800
神鈴守(金・銀)(厄除開運)¥ 800
一位の実守(無病息災)¥ 800
桜鈴守(開運)¥ 800
十二支石守(開運招福)¥ 500
幸せ守(水晶)¥ 1,000
キティー肌守(ピンク・ラベンダー)¥ 500
ストラップ守(ピンク・ラベンダー)¥ 800
幸せの鶴守(幸福)¥ 800
健康福寿守¥ 800
仕事守¥ 500
子授御守¥ 1,000
恋愛成就守(頓宮のみ)¥ 500

もちろんおみくじもいろいろな種類が。

北海道神宮の恋みくじ

「恋みくじ」。良いですね。

北海道神宮のおみくじ 北海道神宮のおみくじ

北海道神宮の境内社

北海道神宮には、境内社が3つあります。公園口鳥居から入ると、順番に並んでいます。

  • 開拓神社
  • 穂多木神社
  • 札幌鉱霊神社

順番にご紹介します。

開拓神社

北海道神宮の開拓神社

北海道開拓に尽力した方々を弔うための神社です。

ここでもおみくじが引けます。

北海道神宮の開拓神社 北海道神宮の開拓神社

穂多木神社

北海道神宮の穂多木神社

北海道拓殖銀行の物故功労者の御霊が奉斎されている神社です。もともとは拓殖銀行の屋上にあったものが、昭和25年にこちらへ。

札幌鉱霊神社

北海道神宮の札幌鉱霊神社

鉱山殉職者を慰霊する神社。札幌鉱山監督局の前庭にあったものが、昭和二十四年に北海道神宮の境内に遷座されました。

北海道神宮内の休憩スポット

神宮の敷地の中には、小さなカフェが2件入っています。両方とも本殿の近くです。

神宮茶屋

神宮茶屋

とてもリーズナブルにお茶やソフトクリームを楽しめます。

神宮茶屋

カフェメニューの他にも、北海道の銘菓がたくさん並んでいます。

ちょっとしたお土産にも良いかもしれませんね。

六花亭神宮茶屋店

六花亭

北海道神宮には、みんな大好き六花亭もあります。

席は少ないですが、中でも頂けます。(8人くらいで限界。テーブル4つ)

北海道神宮の六花亭

お菓子を買うと、暖かいほうじ茶もセルフサービスで頂けます。

北海道神宮の六花亭

この「判官さま」というお菓子は、この北海道神宮でしか食べられないオリジナルメニューです。

北海道神宮の六花亭

パッケージングされていないので持ち帰りはできず、この場でしか食べることのできないレアなお菓子です。

中はアンコとお餅。上品な甘さでとても美味しいです。

冬の寒い中でほっと一息。最高です。

北海道神宮の六花亭

北海道神宮の頓宮

北海道神宮の頓宮

北海道神宮には、頓宮があります。

最寄は、東西線のバスセンター前駅。円山公園駅から電車で10分程度です。

こじんまりとした境内で、静かな時が流れます。

北海道神宮の頓宮

おみくじなども頂けます。基本的には北海道神宮と同じラインナップ。御朱印帳も販売されています。

北海道神宮の頓宮

ぜひ頓宮もご参拝ください。

北海道神宮の頓宮
スポット名北海道神宮頓宮
住所〒060-0052 北海道札幌市中央区南2条東3丁目10
お問合せ011-221-1084

北海道神宮に関するQ&A

北海道神宮に関するQ&A

北海道神宮に関するよくある疑問をまとめました。

Q.御朱印は何種類ありますか?

A.全部で3種類あります。今回ご紹介した円山の北海道神宮で頂けるのは、北海道神宮の御朱印、開拓神社の御朱印の2種類です。頂く場所はどちらも北海道神宮の祈祷受付です。(開拓神社前にも社務所があるのですが、こちらではありません。北海道神宮の祈祷受付です。)

少し離れた場所に北海道神宮の頓宮があり、こちらでも頂けます。合わせると、全部で3種類という事になります。

Q.北海道神宮の頓宮はどこにありますか?

A.地下鉄東西線のバスセンター前駅が最寄りで、駅から徒歩すぐの場所にあります。北海道神宮のある円山公園駅から、東西線で10分程度です。

 Q.敷地には何時から入れますか?

A.神門の外であれば、24時間散策できます。神門の開く時間は時期によります。4月-10月は6:00-17:00、11月-2月は7:00-16:00。3月は7:00-17:00です。

Q.札幌には他にも神社はありますか?

A.円山公園駅からバスで行ける、伏見稲荷神社は赤い鳥居が並んでいてフォトジェニックでした。

円山公園駅バスターミナル一番乗りばから、「循環 円10」か「循環 円11」のバスに乗って「慈啓会前」で下車。北海道神宮への参拝と同じスケジュールで行ける場所です。

施設名伏見稲荷神社
住所〒064-0942
北海道札幌市中央区伏見2丁目2−番17号
TEL011-562-1753
アクセスバス停「慈啓会前」から徒歩5分程度

Q.大きなお祭りはありますか?

A.北海道神宮例祭(通称さっぽろ祭り)が、毎年6/14~6/16の日時固定で行われます。北海道神宮と中島公園にたくさん出店が出ます。

Q.観光に行くので、近くのおすすめホテルを教えて下さい

A.朝食のおいしいホテルランキング’2019の3位~5位に入ったホテルが札幌市内にあります。

ぜひ検討してみて下さい。

北海道神宮の風景まとめ

北海道神宮は、見どころ満載の神社。

頓宮も合わせると御朱印は3種類。オリジナルの御朱印帳もあり、おみくじも豊富。

敷地内では大自然を感じられ、運が良ければエゾリスにも会えます。

札幌からほど近い場所にありますので、ぜひ観光でも寄ってみて下さい。

ではまた。

ABOUT ME
アバター
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 企業メディアのディレクターとか、カメラマンみたいなことをしています。北海道生活で感じたことなどをいろいろとお伝えしています。