札幌の風景

【札幌】北海道神宮を30枚の写真で紹介!御朱印やお守り情報も!

北海道神宮の御朱印やお守り情報
ねこさん
ねこさん
札幌では北海道神宮が有名って聞いたけど、アクセスの仕方とか、どんなお守りやおみくじがあるのか気になる。その他の見どころも知りたいな。六花亭の判官様もたべたい。

こんな疑問にお答えします。

この記事でわかる事

北海道神宮の見どころ
お守りやおみくじ
御朱印の情報
冬の風景写真
その他Q&A

北海道神宮とは?

北海道神宮の境内の様子

 

札幌市内の神社といえば北海道神宮。原始林をもつ円山公園と併設されていて、自然の散策と同時に参拝できる素敵な神社です。北海道の神社の中で参拝客数はNo1!

神社の敷地自体もとても広くて、境内社が3つもあります。どの季節でも景観は綺麗なのですが…個人的には冬がオススメ。雪+神社の組み合わせの景色は素晴らしいものがあります

スポット名 北海道神宮
住所 北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
神門の開閉時間 4月~10月:6:00-17:00
11月~2月:7:00-16:00
3月:7:00-17:00
元旦:0:00-19:00
入場料 無料
お問合せ 011-611-7810

北海道神宮へのアクセス

公共交通機関の場合

地下鉄東西線円山公園駅下車 徒歩10分程度

北海道神宮の歴史

北海道神宮の境内の様子

明治2年、北海道の開拓・発展の守護神を祀るために東京で鎮斎された3柱の神様を、東京、函館、札幌と移し、明治3年には仮社殿が建てられました。

明治4年に現在の場所に建造され、「札幌神社」と社名が決められましたが、その後昭和39年に明治天皇をお祀りする事が決まり、「北海道神宮」と改められました。

北海道神宮の御祭神

大国魂神 (おおくにたまのかみ) 北海道の国土の神様
大那牟遅神(おおなむちのかみ)  国土経営・開拓の神様
少彦名神 (すくなひこなのかみ) 国土経営・医薬・酒造の神様
明治天皇 (めいじてんのう)   近代日本の礎を築かれた天皇

北海道神宮の御利益、御祈願

北海道神宮の境内の様子

個人祈願

■家内安全 ■交通安全 ■厄除開運 ■心願成就 ■合格祈願 ■方災除
■病気平癒 ■心身健全 ■旅行安全 ■神棚清祓 ■神恩感謝 ■健康祈願
■良縁祈願 ■厄祓・年祝 ■安産祈願 ■子宝成就

様々な御祈願を受けられます。詳しくはお問合せ下さい。

北海道神宮の御朱印と御朱印帳

御朱印帳は2種類。ノーマルバージョンと冬バージョンがあります。雪バージョンが人気。

北海道神宮のお守りやおみくじ

北海道神宮の境内の様子
北海道神宮のお守り一覧 価格
交通安全錦守 ¥ 800
交通安全木札守 ¥ 800
交通安全矢守(赤・青) ¥ 800
金幣型キーホルダー守 ¥ 800
肌守(赤・青) ¥ 500
こども守(ピンク・水色) ¥ 500
カード型肌守 ¥ 500
学業守 ¥ 500
合格守 ¥ 500
安産守 ¥ 1,000
健康守 ¥ 1,000
病気平癒守 ¥ 1,000
身代り守(赤・青) ¥ 800
必勝守(赤・青) ¥ 800
結び守(白・黒) ¥ 800
交通安全御幣守(赤・青) ¥ 1,000
キーホルダー錦守 ¥ 800
交通肌守 ¥ 800
心身健全守(金・銀) ¥ 800
金小槌守(金運) ¥ 800
神鈴守(金・銀)(厄除開運) ¥ 800
一位の実守(無病息災) ¥ 800
桜鈴守(開運) ¥ 800
十二支石守(開運招福) ¥ 500
幸せ守(水晶) ¥ 1,000
キティー肌守(ピンク・ラベンダー) ¥ 500
ストラップ守(ピンク・ラベンダー) ¥ 800
幸せの鶴守(幸福) ¥ 800
健康福寿守 ¥ 800
仕事守 ¥ 500
子授御守 ¥ 1,000
恋愛成就守(頓宮のみ) ¥ 500

種類がとても多いです。インバウンド向けにキティちゃんのお守りとかもあります。

北海道神宮の境内の様子

もちろんおみくじもいろいろな種類が。

北海道神宮の境内の様子 北海道神宮のおみくじ 北海道神宮のおみくじ

冬の北海道神宮の風景

 

円山公園から歩いた際の風景、鳥居、境内の雰囲気を写真とともにご紹介します。

円山公園から北海道神宮へのアクセス

まずは円山公園の入り口付近から。冬の風景はこのような雰囲気で、左手の建物は素敵なフレンチのレストラン。このあたりから円山公園の敷地に入ります。

円山公園の前の風景

中に入ると時計と温度計。この日は-10度です。さむい。

円山公園の時計

公園内には巨大な木が沢山あります。上から雪がドサっと落ちてきたりしますので、気を付けて下さい。雪が落ちてきた図はこちら。

木から雪がおちてきた。

こんな風景の中に、北海道神宮はあります。

円山公園の冬の風景

公園口鳥居

しばらく歩くと鳥居が見えてきます。木もでっかいし鳥居もでっかいし、全体的にスケールがでかいです。

北海道神宮・円山公園の冬の景色

雪の中の神社、良いです。

冬の北海道神宮

人々と比べるとどうでしょうか。鳥居の大きさが伝わりますでしょうか。
この入り口の鳥居から少し歩くと、順番に境内社が並んでいます。

第二鳥居

第二鳥居は別のルートになります。本殿への表参道に続く鳥居で、見えている木はほとんどが桜の木。春には素敵な桜並木が見られます。

開拓神社

冬の北海道神宮の開拓神社

北海道開拓に尽力した方々を弔うための神社です。

ここでもおみくじが引けます。

北海道神宮の開拓神社 北海道神宮の開拓神社

穂多木神社

北海道神宮の穂多木神社

北海道拓殖銀行の物故功労者の御霊が奉斎されている神社です。もともとは拓殖銀行の屋上にあったものが、昭和25年にこちらへ。

札幌鉱霊神社

北海道神宮の札幌鉱霊神社

鉱山殉職者を慰霊する神社。札幌鉱山監督局の前庭にあったものが、昭和二十四年に北海道神宮の境内に遷座されました。

北海道神宮 本殿

北海道神宮の境内の様子

それでは本殿の様子をご紹介していきます。

冬は柄杓も凍ってしまいます

北海道神宮の境内の様子

門がとても立派。

北海道神宮の境内の様子

境内は非常に広く、雰囲気が良いです。

北海道神宮の境内の様子 北海道神宮の境内の様子 北海道神宮の境内の様子

お正月は本当に混み合います。

とある統計では、3が日で80万人以上が参拝するそう。

北海道の札幌旅行の際は、ぜひ観光ルートに円山公園や北海道神宮も入れてみてください。

北海道神宮内の休憩スポット

神宮の敷地の中には、小さなカフェが2件入っています。両方とも本殿の近くです。

神宮茶屋

北海道神宮のカフェ

とてもリーズナブルにお茶やソフトクリームを楽しめます。

北海道神宮のカフェ

カフェメニューの他にも、北海道の銘菓がたくさん並んでいます。

ちょっとしたお土産にも良いかもしれませんね。

六花亭

北海道神宮の六花亭

北海道神宮には、みんな大好き六花亭もあります。

席は少ないですが、中でも頂けます。(8人くらいで限界。テーブル4つ)

北海道神宮の六花亭

お菓子を買うと、暖かいほうじ茶もセルフサービスで頂けます。

北海道神宮の六花亭

この「判官さま」というお菓子は、この北海道神宮でしか食べられないオリジナルメニューです。

北海道神宮の六花亭判官さま 110円

パッケージングされていないので持ち帰りはできず、この場でしか食べることのできないレアなお菓子です。

中はアンコとお餅。上品な甘さでとても美味しいです。

冬の寒い中でほっと一息。最高です。

北海道神宮の六花亭

北海道神宮に関するQ&A

北海道神宮に関する気になる質問を集めました。

Q.境内社もあわせて沢山の神社がありますが、御朱印は何種類ありますか?

A.全部で3種類あります。今回ご紹介した円山の北海道神宮で頂けるのは、北海道神宮の御朱印、開拓神社の御朱印の2種類です。頂く場所はどちらも北海道神宮の祈祷受付です。(開拓神社前にも社務所があるのですが、こちらではありません。北海道神宮の祈祷受付です。)

少し離れた場所に北海道神宮の頓宮があり、こちらでも頂けます。合わせると、全部で3種類という事になります。

Q.北海道神宮の頓宮はどこにありますか?

A.地下鉄東西線のバスセンター前駅が最寄りで、駅から徒歩すぐの場所にあります。北海道神宮のある円山公園駅から、東西線で10分程度です。

 Q.敷地には何時から入れますか?

北海道神宮の境内の様子

A.神門の外であれば、24時間散策できます。神門の開く時間は時期によります。上の画像をご参考下さい。

Q.札幌には他にも神社はありますか?

A.円山公園駅からバスで行ける、伏見稲荷神社は赤い鳥居が並んでいてフォトジェニックでした。

円山公園駅バスターミナル一番乗りばから、「循環 円10」か「循環 円11」のバスに乗って「慈啓会前」で下車。北海道神宮への参拝と同じスケジュールで行ける場所です。

施設名 伏見稲荷神社
住所 〒064-0942
北海道札幌市中央区伏見2丁目2−番17号
TEL 011-562-1753
アクセス バス停「慈啓会前」から徒歩5分程度

Q.大きなお祭りはありますか?

A.北海道神宮例祭(通称さっぽろ祭り)が、毎年6/14~6/16の日時固定で行われます。北海道神宮と中島公園にたくさん出店が出ます。

Q.観光に行くので、近くのおすすめホテルを教えて下さい

A.朝食のおいしいホテルランキング’2019の3位~5位に入ったホテルが札幌市内にあります。

ぜひ検討してみて下さい。

北海道神宮にいくべき理由

北海道神宮の様子
  • 駅からのアクセス抜群
  • 自然を感じられる
  • スケールが大きい
  • 六花亭がある

以上の理由から、北海道神宮は初詣や観光にとてもオススメ。本格的に観光に行く前の、朝の散歩にも最高のスポットです。

是非観光で寄ってみて下さい。

ではまた。

ABOUT ME
tk
tk
北海道が好きすぎて関西→札幌移住。 現在は企業のwebライターとして勤務。人事部や小売のエリアマネージャーとして働いた経験もあり、採用や労務にはちょっと詳しいです。当メディアの情報が、仕事が辛い方への手助けになればと思っています。